ログイン
HOME » ブログ » 納品事例 » 記事詳細
ベッドの自作ヘッドボード参考例|愛知県豊川市S様

ベッドの自作ヘッドボード参考例|愛知県豊川市S様

[カテゴリ] 納品事例
[更新日] 2018/3/25

お天気も良くお日柄も良く、絶好の納品日和です。

午前中は愛知県豊川市S様邸へ伺いました。

S様はウッドスプリングフレームにそれぞれに合った硬さのラテックスマットを組み合わせた
シングルツインスタイルです。ジョイント御使用。

少し腰痛が気になる二枚目クールな御主人。
ベッドが変わり横向寝が安定的に出来る事を願うところであります。
愛知県豊川と言えば豊川稲荷が有名です。
帰り道で近くを通るので、昼食用に稲荷寿司を買って帰る事にしました。

稲荷寿司と言っても上にカツを乗せてあるものやワサビの葉
を乗せてあるものなど色々種類があります。
油揚げもついで買い。
帰ってから食べましたがやはり美味しかった。
何が違うのか解らないが、普通の稲荷寿司も少し違う。


午後からは浜松市内の佐鳴湖のほとり大平台のK様邸へ。

こちらもウッドスプリングフレームにラテックスマットの組合せです。

K様の寝室には作り付けの棚がありこれまではその棚に合わせ
自作スノコにベッドマットを乗せてお休みになっていた。
グッドアイデアだと思います。これをそのまま利用してウッドスプリングベッドに変更です。


今回ご購入のウッドスプリングフレームは一番短い脚をつけても18㎝厚のマットが乗ると50㎝ちかくの高さになる。
それでは棚に高さが合わず、高すぎてしまうので、脚をカットしようと思いましたが、
脚に埋め込んであるボルトに触れてしまうため10㎝ほどカットするのが限界。
それではまだ高すぎてしまうため、私の自作で5㎝の角脚を作ってみた。
既存のナット受けにしっかりとボルトオンできて問題なく使えそうだ。
K様にも気に入って頂き棚とのバランスも良く収まりました。

スーパーローベッドみたいに見えます。
和洋折中な感じでこんなスタイルもアリですね!


 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有